LOGO

          

<夫婦でクラシックコンサート>
先日、クラシックコンサートに行ってきました。


10月7日(木)19時開演 東京オペラシティコンサートホール
セントラル愛知交響楽団
指揮:角田鋼亮 ヴァイオリン:辻 彩奈
山田耕筰/ 序曲ニ長調
貴志康一/ ヴァイオリン協奏曲
ペルト/ 東洋と西洋
ドビュッシー/ 交響詩「海」

コンサートホールの天井見上げると、音の反射を計算されているであろう建築デザイン。
オペラシティコンサートホールで聞けるクラシックは、更に価値があるように思います。

出演者の方々の楽器を持って舞台に登場する場面や
始まる前の音合わせの時間は、いよいよと心高ぶるものです
指揮者の角田さんの佇まいがとてもスマートでかっこいい!
オーケストラの音色の華やかな音の調和にとても癒されました。

ヴァイオリンの辻彩奈さんの演奏
音色の迫力と繊細な音色。両方を一瞬で操る技。1748年のヴァイオリンのつややかな音色にも魅了されました。


主人は初めてのクラシックコンサートで、とても感動していました。
又、クラシックコンサートのカーテンコール
舞台袖に戻り、出てくる、また戻る。また出てくる。拍手のタイミングも絶妙。
このしきたりがツボにはまったようで、カーテンコールまでも楽しめたようです。

緊急事態宣言解除され、初めてのお出かけがクラシックコンサート。
芸術の秋を満喫出来ました。
クラシックを良く知らない素人の感想でした。

#クラシックコンサート#アジアオーケストラウィーク#セントラル愛知交響楽団
#辻彩奈#ヴァイオリン#オペラシティ
?Gg[???ubN}[N??